FC2ブログ

※刺激的な内容を含むものがあります。不快に感じる方は閲覧をご遠慮ください。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
オーラルセックスとエイズ
オーラルセックスでのHIV感染リスクについては
日本国内での詳細な性行動調査が難しく、
データが充分に揃っていない。というのが現状です。

厚生労働省の委託事業として、
エイズ予防財団が運営する、
エイズ予防情報センターのホームページを見ると、

HIVウイルスは精液や膣分泌液にも存在しています。男性性器や女性性器を口や舌で刺激するオーラルセックスも、精液や膣分泌液が直接口に入ることから、男性用コンドームや女性用コンドームを使用した方が安全です。   (情報元:エイズ予防情報ネット

と記述されている。

オーラルセックスによるエイズ感染率については
これから先、どんどん研究が進んでいくだろうが、
エイズの危険があるということに変わりはない。
また、性感染症の予防という観点から見ても
オーラルセックスをする時は、
コンドームを着用するのが望ましいと言える。



     参考リンク

 オーラルセックスは安全か?
  http://www.posijoho.org/health/oral.htm
 HIVがオーラルセックスを通じて感染するメカニズム
  http://www.posijoho.org/health/oral2.htm

                       情報元:Positive Street
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。