FC2ブログ

※刺激的な内容を含むものがあります。不快に感じる方は閲覧をご遠慮ください。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
オーラルセックスと性感染症
オーラルセックスにも、通常の性行為同様、
性感染症の危険性があります。
代表的な性感染症は次の通りです。


オーラルセックス全般で感染するおそれがある

   ・クラミジア
   ・淋病
   ・ヘルペス
   ・尖形コンジローム
   ・梅毒
   ・B型肝炎

 フェラチオ、イラマチオはペニスが口に入り込み、
 小さなキズがついてそこから感染する恐れがあるので
 クンニリングスよりも危険が高い。
 
 尖形コンジロームを引き起こす、
 ヒトパピローマウイルス(HPV)には、
 悪性型も存在し、女性の場合子宮頸がん、
 男性の場合陰茎がんの原因になるという事が、
 最近の研究では分かっている。




アニリングスにより感染するおそれがある

   ・A型肝炎
   ・アメーバ赤痢

 上記は、経口糞便感染による疾患である。
 肛門周辺の粘膜は、他と比べると弱いため
 性感染症になる可能性が高いと云われているので
 アニリングスをする際は、経口糞便感染による疾患
 以外の感染症にも、充分注意する必要がある。


      

     予防方法

 オーラルセックスによる性感染症を
 予防するには、コンドームを着用して、
 フェラチオ、イラマチオ、シックスナイン
 するのが望ましい。 
 また、口の中にキズがある時は、
 クンニリングスをしないようにする。

 不特定多数の相手とのオーラルセックスは、  
 避けて、特定のパートナーだけと楽しむ。
 パートナーが不特定多数の相手と性行為を
 行っていないかにも注意が必要。

 アニリングスの際は、大腸菌等が
 相手の粘膜に感染するのを避けるため
 清潔にしてから行うのが望ましい。


万が一、感染が起こってしまった場合には、
専門医のもとでの診断、早期治療を
パートナーも同時に受ける事が重要である。
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。